MENU

いよいよ応募開始

今の串本を象徴する一枚

11月も終わりが近づき、いよいよ第27回も応募期間に突入します!

12/10の消印まで有効ですので、どんどんご応募ください。

 

今年の串本の海は黒潮の大蛇行の影響が凄まじく感じられました。

例年越冬する生物は死滅し、珊瑚も大きなダメージを受け、透明度もあがらず・・・

そんな日々から少しずつ抜け出そうとしている今の串本の海は、

少し遅れてやってきた南方種がようやく増加し始める中、

平均水温が低かったせいなのか温帯種が例年より多く感じられます。

 

 

アケボノハゼは今年初めて串本で生態記録が残った生物ですが、

すぐ近くには温帯種のコガネスズメダイが一緒に住んでいます。

温帯種と南方種の融合(混泳)これこそ串本で写真に収めておきたいシーンですよね。

 

そんな素敵な写真が応募作品の中にもたくさん入ると良いなぁと思っています。

審査に来る方が「初めて見た!」なんて言うシーンを、

みなさんに紹介できるようにガイドにも力を入れていきます。

串本の環境で見られるシーンや普通種も存分に楽しんでください。

 

29日担当:マリンステージ串本店(対間大将)

daisuketsushima